千葉県習志野市のお墓

本日のまごころ職人のお墓づくりは、千葉県習志野市の公営墓地です。

 

CIMG2348 CIMG2350

基礎工事が終わり、石積み工事が始まります。
出来上がった基礎の上に石材を据え付けていきます。

 

CIMG2353

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています

 

CIMG2358 CIMG2359

石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートと耐震ボンドを挟んで
地震対策を施します。

 

CIMG2360

納骨室は二段でお作りしました。

 

CIMG2361

伝統的な和型のお墓の完成です。
淡い色の石を使用したので、明るくさわやかな印象ですね。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

千葉県市川市の基礎工事

本日のまごころ職人のお墓づくりは千葉県市川市の公営霊園です。

 

CIMG2281

本日からお墓の工事を行います。

 

CIMG2283

まずは根切りという、地面を掘り下げる工程から始めます。
根堀の深さは約30cmほど掘り下げます。

 

CIMG2285

転圧の状況です。
割栗石を敷き詰めたらランマという重機で押し固めてしっかり転圧します。

 

CIMG2287

割栗石の上に砕石を敷き詰めたら、先ほどと同様にランマで叩いて締め付けます。

 

CIMG2288

鉄筋を配筋して、次にコンクリートを流し込みます。
20㎝間隔で鉄筋を組むことで、コンクリートのひび割れを防ぎます。

 

CIMG2290

コンクリートを流し込み、最後に表面を職人の手作業で丁寧にならせば完了です。
コンクリートが乾くまで数日間養生したのち、次は石積み工事に入ります。

 

 

奈良市のお墓

本日のまごころ職人のお墓づくりは奈良市の共同墓地です。

 

029 031

土台部分となる外柵兼カロートを組み立てます。
石と石の繋ぎ目にはステンレスのL型金具でしっかりと固定します。

 

033

現場が狭いこともあり小型クレーンが入らないため、今回は三脚と
チェーンブロックを使用して吊り上げながら石塔を積んでいきます。

 

035 036

石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートと
耐震ボンドを挟んで地震対策を施します。

 

039 041

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないように紙テープで養生してから、目地入れを行います。

 

043 IMG_9086

白御影の和型の石塔が多い奈良県の中でも濃い目のグレー御影石を使用した
石塔がとてもインパクトが有りより一層引き立つお墓になりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

山梨県南巨摩郡のお墓

本日のまごころ職人のお墓づくりは山梨県南巨摩郡の寺院墓地です。

 

金具
金具止め補強状況
石と石が離れないように石材の四隅は、錆に強いステンレス製の
L字金具でしっかり補強していきます。

 

ゴム
地震対策・特殊ゴムマット取り付け状況。(1)
お墓まごころ価格ドットコムでは、地震による倒壊を防ぐため、
揺れを逃がす免震工法を全てのお墓に標準でお付けしております。

 

ゴム2
地震対策・特殊ゴムマット取り付け状況。(2)

 

完成

お墓の完成。
お石塔に重厚間のある黒系中間色の御影石を使用しました。
お花の彫刻がワンポイントとなり、優しい感じに仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

新潟県新潟市のお墓

本日のまごころ職人のお墓づくりは、新潟県新潟市の公営霊園です。

 

P1040308

基礎工事が終わり、出来上がった基礎の上に石材を据え付けていきます。

 

P1040312

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

ステンンレスの丸棒と耐震ボンドを併用して石同士がズレないように
しっかりと固定します。

 

P1040318 P1040322

石材には一つ一つ、免震シートを貼って地震の揺れからお墓を守ります。

 

P1040346

グレーのみかげ石を使用して、化粧石を敷いた
落ち着いたイメージの和型のお墓の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。