福島県いわき市の共同墓地のお墓づくり

本日は福島県いわき市にある共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

モルタルと石材ボンドを使用して石材を据え付けます。

まずは外柵(土台)から据え付けます。
基礎の上にモルタルを敷き、石材の位置をひとつずつ確認しながら石材用ボンドを使って慎重に据え付けます。

 

ステンレス金具で石材を固定します。

石材同士にはサビに強いステンレス製の金具を取り付け、石がずれないように補強します。

 

黒いゴム状の免震シートと耐震ボンドを使用しています。

続いて石材を積み上げていきます。
石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートと耐震ボンドを挟んで地震対策を施します。

 

マスキングテープで養生してからコーキングを行います。

石材を積み上げたら石材同士の隙間をふさぐために、マスキングテープで養生してからコーキングを行います。

 

石塔、外柵ともG654を使用したお墓の完成です。

広い敷地で外柵を低くしたことにより、開放感のあるお墓になりました。
玉砂利を敷き詰めて石塔の後ろには塔婆立てをお付けしています。

 

 

宮城県仙台市にある葛岡霊園の基礎工事

本日は宮城県仙台市にある葛岡霊園でまごころ職人が施工したお墓づくり(基礎工事)をご紹介します。

 

納骨室部分の基礎工事を行います。

全体の基礎はそのまま使用するので、今回は納骨室の部分だけ基礎工事を行います。

 

砕石を敷き詰めたら重機で押し固めて転圧します。

まず地面を掘り下げたら、このように砕石を敷き詰めます。
そして重機で押し固め基礎の地盤を強化します。

 

20㎝間隔で鉄筋を配筋します。

次に鉄筋を配筋して、コンクリートを流し込みます。
木枠の場所が納骨室になります。

 

コンクリートを流し込みます。

周囲の高さと等しくなるように調整しながら、丁寧にコンクリートを流し込んでいきます。

 

納骨室の基礎工事が完了しました。

このまま一定期間養生して、コンクリートが固まったら型枠を外して基礎工事の完了です。
続いて石積み工事に入ります。

 

 

 

千葉県松戸市にある八柱霊園の基礎工事

本日は千葉県松戸市にある八柱霊園でまごころ職人が施工したお墓づくり(基礎工事)をご紹介します。

約30cmほど掘り下げます。 根堀を行います。

まずは根堀から。
根堀の深さは約30cmほど掘り下げます。

 

転圧の状況です。

次に転圧の状況です。
割栗石を敷き詰めたらランマという重機で押し固めてしっかり転圧します。

 

砕石を敷き詰め転圧します。

割栗石の上に砕石を敷き詰めたら、先ほどと同様に転圧して基礎強度を高めます。

 

20㎝間隔で鉄筋を組みます。

続いて20㎝間隔でこのように鉄筋を組みます。
こうすることによりコンクリートのひび割れを防ぎます。

 

コンクリートを流し込んで基礎工事完了です。

最後にコンクリートを流し込み基礎工事の完了です。
コンクリートが乾くまで数日間養生したのち、次は石積み工事に入ります。

 

 

 

岩手県胆沢郡金ケ崎町にある浄妙寺の基礎工事

本日は岩手県胆沢郡金ケ崎町にある浄妙寺でまごころ職人が施工したお墓づくり(基礎工事)をご紹介します。

 

深さ30㎝ほど地面を掘り下げます。

根掘り工です。
根切りという、地面を掘り下げる工程から始めます。
地面を通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

割栗石を敷き詰めたら重機で転圧します。

次に割栗石を敷き詰めたらランマという重機で押し固めてしっかり転圧します。

 

砕石を敷き詰めランマで転圧します。

先ほどの割栗石の上に砕石を敷き詰めたら、同様にランマで叩いて地盤を踏み固めます。

 

鉄筋を配筋します。

型枠を組んで格子状に鉄筋を敷き、この上からコンクリートを流し込みます。

 

バイブレーダーを加えて振動を与えながらコンクリートを流し込みます。。

バイブレーターを使って振動を加えながら空気を抜き、区画いっぱいになるようにコンクリートを流し入れます。

 

コンクリートを流し込み基礎工事が完了しました。

コンクリートを流し込み、基礎工事が完了です。
数日間コンクリートが乾くのを待って、次は石積み工事に入ります。

 

福島県伊達市の共同墓地のお墓づくり

本日は福島県伊達市の共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

コンクリートを流し込み基礎が完成しました。

先日基礎工事が完了しました。
数日間養生して基礎が固まったので、型枠をとり石積み工事に入ります。

 

石材をモルタルと石材用ボンドを使用して据付ます。

基礎の上にモルタルを敷き、石材の位置をひとつずつ確認しながら石材用ボンドを使って慎重に据え付けます。

 

隅々にはステンレス製の金具を使用しています。

サビに強いステンレス金具で石材の隅々をしっかり固定します。

 

納骨室の据え付け状況です。

こちらは納骨室です。
納骨されたお骨が土に還るように、内部は土のままで仕上げております。

 

地震対策として免震シートを使用しています。

続いて石材を積み上げていきます。積み上げる際には地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

 

G688中目を使用した和型のお墓が完成しました。

淡い色の石を使用した落ち着いたイメージの和型のお墓の完成です。